NEWS

煤竹(ススダケ)のお箸

煤竹(ススダケ)とは、古い茅葺屋根の屋根裏や天井などの骨組みに使われ、囲炉裏などの煙で長年燻され硬く茶褐色になっている竹の事を言います。

このお箸に使用している煤竹は、島根県内の築およそ150年の古民家の茅葺屋根に使用されていたものですので、100年以上は囲炉裏などの煙で燻されています。

箸先は、短い方が1~1.5㎜、長い方が1.5~2㎜のとても細い仕上がりですが、長い年月燻されているだけありとても硬くしなりもないので、小さなものも掴みやすいです。

食事にも、盛り付け等にも、硬く細い箸先が大活躍です。

長さは2種類。
短い方は約23㎝、長い方は約28.5㎝です。

ご使用シーンや、手になじむ長さなどから、お好みでお選び下さい。

また、仕上げは無塗装ですので、安心してお食事にお使い頂けます。
ご使用後は濡れたままにせず、お早めに水気拭きとって乾かして下さい。

オンラインショップでは、色の濃さや節の位置など、なるべく近いものをご用意していますが、自然素材を使って一つ一つ手作りをしているため、多少個体差がございます。
何卒ご理解下さい。

よろしければ、ぜひご覧下さい。