NEWS

ねまりこ「おかあさん」と えじこ

ANTWORKS GALLERYオンラインショップをご覧頂き誠にありがとうございます。

本日は、ねまりこ「おかあさん」とえじこのご紹介です。

昨年秋頃から登場しておりましたが、NEWSに載せていなかったので改めてご紹介いたします。

まず「おかあさん」について。

東北の伝統こけしで、立っているこけしを「たちこ」、座っているこけしを「ねまりこ」と言います。

すっと胴体がまっすぐな「たちこ」に対して、「ねまりこ」は座っている様子が下の方に向かって膨らんでいる形で表現されています。

宮城県の鳴子で修業し現在は島根で木地人形等を制作している、吉やの松谷伸吉作のオリジナルねまりこのタイトルは「おかあさん」です。

ご出産を控えていらっしゃる方へ、赤ちゃんが無事に生まれますようにと願いが込められています。

お母さんのお腹の中には、朗らかな表情の赤ちゃんが誕生を待っています。
ご出産後は、赤ちゃんをおかあさんのお腹の外へ、おかあさんはお守り入れ等にお使い下さい。

ご出産後の赤ちゃんの居場所として「ゆりかご」もございます。
四季折々の花が描かれ、下が丸くなっていてゆらゆらと小さく揺れます。

「おかあさん」とセットではありませんので、もしお求め頂く場合は「ゆりかご」として掲載しておりますのでそちらをご覧下さい。

また、ゆりかごと赤ちゃんのセットを「えじこ」としてご紹介しています。
「えじこ」も東北の伝統こけしの一つで、赤ちゃんがかごの中にいる様子が表現されています。

「おかあさん」と「えじこ」どちらも赤ちゃんは起き上がりこぼしです。にこにこと愛らしい表情で揺れている様子が、楽しそうで可愛らしいです。

よろしければ、実店舗及びオンラインショップにてご覧下さい。