NEWS

智頭杉の曲げわっぱ

こんにちは。ANTWORKSGALLERYオンラインショップをご覧頂きありがとうございます。

「MOCKATS(モッカツ)」草刈庄一さんの曲げわっぱを、掲載致しました。

良質な杉の産地である、鳥取県の智頭町。そこで草刈さんは樹齢80年以上の良材を使って主に曲げわっぱを制作しておられます。

杉の薄板を曲げて、桜の樹皮で縫い合わせて作られる曲げわっぱは、お弁当箱として嬉しい効果がいくつかあります。

〇杉の殺菌効果でご飯が傷みにくい。
〇天然木の調湿効果でご飯が均一にふっくらしたまま、美味しさが長持ち。
〇軽量で持ち運びしやすい。

MOCKATSさんの曲げわっぱは、無塗装の白木仕上げなので、漆などで表面を塗装されたものよりも、殺菌効果や調湿効果がより発揮されます。
ただ、塗装がない分シミが付きやすかったり、長時間の湿気はカビの原因になったり、少し気を遣う面も出てきます。

スタッフが約2年半使用したものと比べてみました。下の未使用品より全体的に白っぽくなり若干シミがついています。
個人的には全く気にならず使っていて、肝心のご飯の美味しさは今も変わらず均一にふっくらです。
汁気のあるおかずはシリコンカップなどに、油気のあるおかずはレタスなどの葉物に乗せています。
使用後はなるべくすぐにお湯のみで洗い(場合によっては帰宅後に)、水気は拭き取って蓋をせずに置いておきます。家に帰ってからも蓋をあけて一晩置いたまま。
とにかくしっかり乾燥させる事が長持ちの秘訣なので、毎日お弁当という方は1日おきに使うとより安心です。

小判型の大・中・小と、丸型があります。
小判型には仕切り用の板が付属されているので、お好みでお使い下さい。
ご飯専用で使われる方、おひつ代わりにご自宅で使われる方、丸型や大は数人分のおにぎりを詰めてお出かけに使われる方、様々です。

使い慣れるとこの美味しさが当たり前になってきましたが、おにぎりだけを詰めて出かけた時、改めて美味しさを実感しました。

「扱い辛そう」というイメージがある方もおられると思いますが、洗剤を使わないのがむしろ気楽になりました。日々持ち歩くと、軽いのもとても嬉しいポイントです。
もし使い方などで気になる事がありましたらぜひお問い合わせ下さい。